過活動膀胱 前立腺肥大の考え方ガイドライン

排尿の症状について

 

尿の勢いの低下

 

まさしく尿の勢いが悪くなり、尿線が細くなったりした倍で、時にはおなかに力を入れないと排尿できないような場合もあります。

 

排尿の開始の遅延・排尿時間の延長

 

トイレに行き排尿を試みるのですが、実際に尿を出すまでに時間がかかる状態を専門的には遷延性排尿といいます。

 

一方、排尿開始から排尿終了までに時間がかかる場合をぜんえん性排尿といいます。これらの症状は前立腺肥大や前立腺がんなどの場合によく見られます。

 

尿閉

 

膀胱内に尿が満たされているにもかかわらず、排尿ができない状態を言います。

 

この場合は当然尿量が著しく減るわけですが、無尿とは異なります。無尿とは膀胱に尿がたまらないことを言います。

 

排尿の際に自分自身で尿をしっかり出し切ったつもりでも、実際にはすべての尿を出し切れない場合があり、この際に膀胱に残った尿を残尿といいます。

 

この残尿が徐々に増えてきて常に膀胱に尿が充満しているような状態になると、実際にはあまり尿意を感じないのに、尿が少しづつ漏れる状態となります。

 

これを慢性尿閉といい、この際の尿失禁を溢流性尿失禁といいます。または、奇異性尿失禁ともよばれています。

 

ちょうどダムが満水となり、堰を超えて水があふれ出すような状態です。

 

排尿後症状

 

残尿感

 

排尿後もまだ尿が残っているように感じる症状で、排尿後もすっきりしないという場合があります。

 

実際に残尿があっても、残尿感のない場合もあれば、残尿感があっても、実際は残尿はない場合もあります。

 

急性膀胱炎の場合によくみられる症状ですが、ほかの膀胱や前立腺の病気でが原因の場合もあります。

 

排尿後尿滴下

 

いわゆる尿のキレが悪くなった状態です。このために下着を汚して困ると訴える方が多いです。

 

時には尿が漏れると訴える方もいます。しかし、排尿後尿滴下はいわゆる尿失禁とは異なります。