過活動膀胱 前立腺肥大の考え方ガイドライン

過活動膀胱の治療法

薬物療法

過活動膀胱の薬物療法

過活動郷校の治療の主役は薬物療法とされています。

 

膀胱の収縮は自律神経の中の副交感神経の作用により起こるとさえているため、通常個の副交感神経の作用を抑制する抗コリン薬と呼ばれる薬が過活動膀胱の治療に使われます。

 

従来日本で使用されている代表的な抗コリン薬としては、プロピベリンとオキシブチニンとがありましたが、ソリフェナシンとトルテロジンという二つの新しい抗コリン薬が開発されました。

 

どれも非常に有効な薬ですが、唾液腺やそう消化管にも作用し、唾液の分泌が抑えられたり、朝の動きが悪くなったりといった副作用が起こることがあります。また、緑内障を悪化させることもあるために緑内障の患者さんの場合には慎重に薬を選ぶ必要があります。

 

フラボキサートは、いわゆる抗コリン薬ではなく、膀胱の収縮抑制作用は弱いものの、尿意切迫感には有効です。副作用も少ないというのが特徴です。

 

前立腺肥大症に伴う過活動膀胱に対しては、まずは前立腺肥大症地要約であるα受容体遮断薬が第一選択の薬物であり、これに抗コリン薬を併用することもあります。

 

また、ある種の抗うつ時にも抗コリン薬が使用されることがあります。過活動膀胱にも使われることがあります。

 

新しい薬剤の開発も盛んに行われていますが、より治療効果が高くより副作用の少ない新薬が登場するといいですね。

 

その他の治療法

 

過活動膀胱の治療としては薬物療法が第一選択となりますが、行動療法と呼ばれる治療帆を併用することで、治療効果はより高まります。

 

水分摂取の制限、トイレの近くに寝室を設置するといった生活環境の改善、あるいは膀胱訓練といった方法です。

 

膀胱訓練とは、排尿をできるだけ我慢し、排尿感覚を徐々に延長し膀胱の容量を増大させるというトレーニング方法です。

 

電気や時期による刺激で排尿筋過活動を抑制する治療法もあり、専用の治療装置も開発が進んでいます。

 

しかし残念ながら、保険適用外などの問題もあり上旬の治療方法といえないのが現状です。