過活動膀胱 前立腺肥大の考え方ガイドライン

前立腺がんとは

前立腺がん

前立腺にも癌ができることがあります。

 

前立腺肥大症と前立腺がんは全く異なる病気です。

 

肥大症が悪化してがんになると思われがちですが、そんなことは全くありません。

 

しかし、前立腺肥大症と前立腺がんは、欧米人に多い病気だといわれてきました。

 

事実、米国男性のがんとしては前立腺がんが最多で米国では前立腺がんは、国家的関心事項となっています。

 

日本でも同じく前立腺がんは激増しており、今後日本でも最も増えるがんは前立腺がんであると予想されています。

 

ほかのがんと同様に、前立腺がんがなぜ起こるのかは明らかにはなっていませんが、各国の前立腺がんの罹患率を調べてみると興味深い統計結果があります。

 

米国人と比較して日本人の罹患率はまだまだ低いのですが、芸国へ移住した日本人の前立腺がんの罹患率は米国人と日本在住日本人のちょうど中間ぐらいのなのです。

 

このことから、習慣が前立腺がんの大きな原因であることが指摘されています。

 

また前立腺がんには自覚症状のない場合が多く、またいろいろな治療法があり、治すことのできるがんですから、早期発見のために積極的に検査を受けることをお勧めします。

 

前立腺がんの症状

 

内腺から発生する前立腺肥大症と違い、前立腺がんは外線かは発生するため、排尿障害などの自覚症状が起こりにくく位という特徴があります。

 

しかし、がんと肥大症が一緒に起きていることも多く、排尿障害の精査の際に見つかることも多いです。

 

前立腺がんは骨に移転することが多いので、骨盤や頸椎への移転による腰痛などで整形外科を受診したところ、前立腺がんが発見されたというケースもあります。