過活動膀胱 前立腺肥大の考え方ガイドライン

前立腺がんの検査

 

前立腺がんの発見のための検査の三本柱は直腸診、径直腸的超音波検査、そしてPSA検査です。

 

がんと確定するためには、生検という組織を調べる必要になります。

 

がんと診断された場合にはささに病期診断のための検査が必要になります。

 

前立腺の検査は、前立腺肥大症の検査と重複するのもが多いです。

 

直腸診

 

前立腺の大きさや硬さを調べるために、肛門から直腸に指を入れて触診を行う検査です。

 

典型的な前立腺がんの場合、前立腺全体が石のように固くなっていたり、硬いしこりをふれたりします。

 

しかし現在では、ほかの検査法の発達により、直腸診でまったく異常がなくてもがんが発見されることが多くなってきています。

 

その意味で、径直腸的超音波検査のついでに行えばいい検査だとも言えます。

 

径直腸的超音波検査

 

前立腺がんの診断には径腹的超音波検査ではなく径直腸的超音波検査が必要になります。

 

より詳細に前立腺の形や大きさを、またその詳しい内部構造なども調べる必要があるからです。

 

典型的な前立腺がんではその検査では、がんの部分は黒く表現されます。

 

PSA検査

 

がんを調べるための血液検査に腫瘍マーカーという検査があります。

 

前立腺がんの場合には、PSAというたんぱく質が腫瘍マーカーとして用いられます。このPSA検査が行われるようになってから、前立腺がんの発見率が高まり、また早期がんの状態で発見される患者さんが急増しました。

 

最近では、人間ドッグや市町村のがん検診でPSAの異常を指摘されたことをきっかけにがんが発見されるケースが増えています。

 

各臓器のがんそれぞれに腫瘍マーカーがありますが、PSAは最も有用な腫瘍マーカーといってよいでしょう。

 

前立腺がんが進行するにしたがって、PSA値も上昇していきます。このため、利用効果評価にもPSAを利用しています。

 

すなわち、ある治療を行ってPSA値が下がっていればその治療が効いているという証明になります。

 

逆に上昇しているようでしたら、その治療は効果がないということが言えます。