過活動膀胱 前立腺肥大の考え方ガイドライン

前立腺生検

 

前立腺がんか否かを最終的に確定するためには、前立腺の組織を採取してその中にがん細胞があるかどうかを、病理検査で確認します。

 

ガンを確認した場合は、同時に急性度も調べます。この検査を前立腺生検といいます。

 

たとえ、径直腸的超音波検査やPSA検査などで、強くがんの疑いがあったとしても、前立腺生検でがん細胞を認めなければ、がんであるとは診断はしません。

 

前立腺生検は針生検という方法で行います。

 

献血の際に使用する注射針ぐらいの太さの生検専用の針を前立腺に刺しいれて、組織を採取します。

 

かつては、直腸診を行って指で前立腺を確認しながら針を刺しいれていました。

 

現在では径直腸的超音波で前立腺を確認しながら、針を刺しいれ、前立腺の複数の部分から組織を採取します。

 

検査時間は10分から20分程度で、外来での日帰り検査です。

 

いろいろな理由から入院してもらったうえでの検査を行う病院もありますが、その病院はとても丁寧な対応そしているとも言えます。

 

針を刺す部位の違いから径直腸的針生検と径会陰的針生検の二通りがあります。

 

径直腸的針生検は、直腸から針を刺します。

 

径会陰的針生検は陰嚢と肛門の間から針を刺します。

 

径直腸的針生検では、直腸内にたくさんいる細菌を前立腺の中に植えこんでしまう可能性があります。
その場合急性前立腺炎や敗血症を起こしてしまい命にかかわるような事態になることがあります。

 

また痔の患者さんの場合は大量出血の可能性もあります。

 

一方、径会陰的針検では会陰部に局所麻酔の注射をする必要があるので少し時間がかかりますが、危険性がはるかに少なくがんの検出率も高いとされています。

 

現在ではまだ、径直腸的針生検のほうが一般的ですが、徐々に径会陰的針生検を採用している病院も増えてきているようです。

 

この二つの検査に共通して言えることですが、検査の後に、尿や便にまれに血が混じることがありますが、この出血は一時的なものですので、自然に解消していきます。

 

後、がんか否かを検査する目的なのですが、あまりにも小さながん細胞の場合はこの方法でも発見できないことがまれにあります。

 

ですので、この検査でがんでないと診断されても、確実にガンでないとは言い切れないのです。