過活動膀胱 前立腺肥大の考え方ガイドライン

前立腺がんの治療法

 

前立腺がんのおものな治療法としては、手術療法、放射線療法、内分泌療法などがあり、がんの病期や悪性度あるいは、患者さんの年齢などから治療法方針を決めます。

 

経過観察

 

病期でなくなった方をその詳しい原因や状態を調べるために、病理解剖することがあります。

 

そうすると、前立腺とは全く関係のない病気で亡くなった高齢者の役3割に前立腺がんが発見されるという報告があります。

 

つまり、前立腺がんがあったとしても、まったく悪さをしない場合が多々あるといことです。

 

これも前立腺がんの特徴の一つです。この為、悪性度の低い場合にはなにも治療せずに様子を見るというのも選択肢の一つです。

 

手遅れにならないように注意深く経過を観察していき、悪性の兆候が見られた時点で治療を開始する場合もあります。

 

経過観察の手段としては、PSA検査が最適です。つまり、定期的にPSA検査を行い、その検査の値によって治療を始めるかどうかを判断すればいいのです。